WordPress

【WordPress】プラグインを使った常時SSL化(mixhost環境)

このブログサイトを常時SSL化しましたので、その手順を備忘録としてまとめておきます。現時点の環境としては、レンタルサーバmixhost上でWordPress4.9.8を使って運用をしています。

 

事前準備

SSLの準備

mixhostでは、SSL証明書世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用した、独自SSLを無料で利用することができます。そのため、事前にSSLを選定したり購入する必要はありません。

レンタルサーバ会社によっては、独自SSLが有料オプションだったり、自分でSSLを選定・導入しなければならないものもあります。無料オプションとして共有SSLを提供しているレンタルサーバもありますが、それはお勧めしません。信頼性などを考えると独自SSLを準備するほうが良いでしょう。

 

バックアップ

常時SSL化の前にバックアップを取っておきます。プラグインを使ってファイルやデータベースのバックアップを取ることもできますが、mixhostの場合、管理画面から簡単にバックアップを取ることができます。管理画面cPanelを使ってバックアップもバックアップ復元も無料でできます。

 

プラグインを使った常時SSL化の手順

今回は、プラグインを使って常時SSL化を実施しました。幾つかのプラグインがあるようですが、わたしが使っているのは「Really Simple SSL」です。

ワードプレスのプラグインの画面から「Really Simple SSL」を選択し、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

 

インストールに続いて、「有効化」ボタンをクリックします。

 

そして、最後に「はい、SSLを有効化します。」ボタンをクリックします。

 

手順はここまでです。

本当に簡単ですね。URLを手で「https」から「http」に書き換えても、「https」で接続されるようになります。では、今回はここまでです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

社長

8年間の客先常駐を経験後、いったんソフトウェア業界を離れ、事業承継のために再びこの業界に戻ってきた異色のエンジニア。ただ今、SEOやWebマーケティングに注力中。

-WordPress

Copyright© コアース・デザインのブログ , 2021 All Rights Reserved.