SEO

SEO対策とは?初心者の方でもブレないSEO対策の基本情報

”SEO対策” この言葉をネットで検索すれば、膨大な量の情報を得ることができます。でも…

・情報が多すぎて何をしたらよいのかわからない

・初心者でも分かるSEO対策の基本が知りたい

・ブレないSEO対策がしたい

そんな方のために、ここだけは押さえておきたい基本情報を凝縮し、初心者でもわかりやすくSEO対策について書いていきます。だいたい3分くらいでSEO対策の基本がわかります。

 

SEOとは?

 

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ エンジン オプティマイゼーション)の略です。検索エンジン最適化と呼ばれ、検索エンジンでの検索結果で、自社サイトを上位に表示させるためのあらゆる施策を指す言葉です。

…といった説明は、どのサイトにも共通でしょう。

確かにこの説明はその通りなのですが…、SEOの本質をとらえるという点では不十分といえます。なぜでしょうか。

 

SEOの本質 = Search Experience Optimization

検索エンジン最王手のGoogleは、「ユーザーファースト」を掲げています。ユーザーにとって適切な情報を検索結果で提供して、ユーザーが最適な情報を見つける体験ができること(User Experience)を重視しています。なぜなら、それがGoogleユーザーを増やし収益につながるからです。

Googleはこの観点で、どのサイトを検索結果で上位表示するのかの基準(アルゴリズム)を定めています。非公開の部分が多いですが、200ほどの指標が明らかにされています。

ですから、単に検索エンジンで順位を上げるということだけに重きを置いたSEO対策は、本質をとらえているとはいえません。SEOは今では Search Experience Optimization、つまりユーザーのための検索体験の最適化が本来の目指すべきところだからです。

もちろん、ユーザーに情報を伝えるためには、検索結果の上位に表示しなければなりません。それでも、SEOの本来の目的を忘れずに施策を行うことは、結局のところ”成果”を得るための近道だと考えます。

お堅い話はこれくらいにして、SEO対策のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

SEO対策のメリット・デメリット

メリット

広告費用がかからない

リスティング広告などの有料広告とは異なるため、自分で行なえば広告費は無料です。

 

成果につながりやすい

検索結果としてホームページに流入するため、すでに関心や意欲の高いユーザーを獲得しやすいといえます。

 

ブランディング効果がある

検索結果で上位に表示される企業やサービスは、ユーザーに良い印象を与え信頼性も高くなるということです。

 

デメリット

即効性がない

SEO対策そのものにある程度の時間がかかります。またGoogleや人に認識してもらためにも時間がかかります。即効性を求めるなら、費用はかかりますが広告を打つほうが有効でしょう。

 

持続性が不透明

Googleの基準(アルゴリズム)は時折変化します。またその内容のすべてが公開されているわけではありません。たとえ一時期上位表示されていても、アルゴリズムの変化により次の日にはランクを下げることもあるということです。

 

難易度が高い

競合が多い職種やサービスであれば、それだけ”ライバル”が多いため上位表示させるためにはそれなりの知識や労力、時間が必要です。

 

SEO対策と検索エンジンとの関係

SEO対策は、基本Googleで行えばOKです。ここ日本において、検索エンジンのシェアは下図の通りです。

(出典元:総務省「プラットフォームサービスを巡る現状と課題」(pdf)21頁

 

Yahoo!はGoogleの検索エンジンを利用しています。ですから、Googleの検索エンジンでSEO対策ができていれば95%をカバーしていることになります。

 

Googleが評価するサイトとは?

上述の通り、ユーザーの検索体験が最適化されたサイトであることは言うまでもありません。つまり、ユーザーの検索ニーズに応える情報を伝えているサイトです。ですから、各ページの中身(コンテンツ)の充実は基本的な要素となります。

加えて、Googleは今”E-A-T”を重視しています。

E-A-Tとは?

・専門性(Expertise)

・権威性(Authoritativeness)

・信頼性(Trustworthness)

そのサイトや記事の内容、またその作成者についてE-A-Tがあるかどうかも、検索結果上位表示の指標にするということです。2019年以降のSEO対策は、専門性が高く、権威性があり、信頼できる内容のサイトや記事を作っていくことを念頭に置くなら、Googleからの高い評価を受ける可能性が増すでしょう。

 

SEO対策の基本方法

外部対策

主に被リンクを獲得し、サイトの評価を上げることです。他のサイトからの紹介や引用のリンクを得ることで、サイトに対する権威性や信頼性が増します。そのため、Googleからの高い評価を受けるというわけです。

以前は不自然なサイトから被リンクを購入するという”ブラックハットSEOと呼ばれる手法が幅を利かせる時代もありました。現在では、こうした施策はペナルティーを受け、検索結果を落とされることになります。

Googleは「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」を発表しており、こうした指針に沿って施策を行うことが基本です。

※Googleのガイドラインに沿って行うSEO対策を”ホワイトハットSEO”というのに対して、反意語として用いられている。

 

内部対策

サイトの内部で行うSEO対策です。ホームページの情報をちゃんと検索エンジンに伝えることで評価を上げる方法です。その方法はたくさんあり、例えば以下のものがあります。

・タグの最適化
・URLの正規化
・内部リンクの最適化
・サイトマップの作成
・スマホ対応化

 

内部対策は自分で行なうことができますが、外部対策は自分ではコントロールしづらい部分が多いです。

 

まとめ

検索はいわばQ&Aです。ユーザーは検索キーワードを通して自身のニーズを伝え、質問(Q)します。検索結果で上位表示されるサイトは、ユーザーのニーズに合った情報やサービスを提供し応え(A)ます。

ですから、検索ユーザーのニーズに応えること、これが最終的には一番のSEO対策になります。なぜなら、SEO = Search Experience Optimization、つまりユーザーのための検索体験の最適化が本来の目指すべきところだからです。

 

今後はSEO対策の具体的な方法のいくつかを取り上げていきたいと思っています。この記事が、SEO対策をなさる皆様の一助となれば幸いです。今回もお付き合いいただきありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Web Director

コアース・デザインのWebディレクターです。WordPressなどCMSでのホームページ制作やブログ運営にかかわるお役立ち情報を、初心者目線で発信していきます。

-SEO

Copyright© コアース・デザインのブログ , 2021 All Rights Reserved.